医薬品は、細かいルールに則って通販されます

インターネットから購入できる医薬品の通販が今、注目を集めています。
薬事法の改訂に伴い、今までは対面式の販売でしか購入できなかった薬が、食品や雑貨と同じように、インターネットの通販で買えるようになったのです。
インターネットで注文できれば、いつも買っている風邪薬が売り切れだったなんてことはなくなりますし、例えば妊娠検査薬などのデリケートな医薬品は買うのが恥ずかしい、抵抗があるなどと言う場合も購入しやすくなるので、生活はさらに便利になるでしょう。
実はこれまでも、第3類と呼ばれる医薬品に限っては、通信販売も認められていました。
第3類とは、疲れ目用の目薬や湿布薬、うがい薬、ビタミン剤など、比較的リスクが低いとされているものを指します。
では、第1類や2類の医薬品とは、どういうものなのでしょうか。
第1類医薬品は、使用するにあたって、特に注意が必要な成分が配合されているものです。
第2類医薬品は、比較的リスクが高いとされているもので、風邪薬や鼻炎薬、解熱鎮痛剤などがこれに分類されます。
つまり、副作用のリスクが高い順に、第1類、2類、3類と分けられているのです。
これらが、インターネットから通販で購入できるようになりました。
しかし、薬事法が改訂されても、インターネットでは買えない薬があります。
第1~3類の医薬品は、一般用医薬品、または大衆薬品と呼ばれるもので、ドラッグストアなどの店頭に並んでいて、処方箋が必要ないものです。
第2類と3類については、薬剤師が不在でも登録販売者がいれば販売できます。
薬と言うとこれらの他に、処方箋が必要なものがありますよね。
医療機関で診察を受けないともらえない薬のことです。
この、処方箋が必要な薬は医療用医薬品と呼ばれ、こちらはこれまで通り、対面販売のみで、インターネットでは購入できません。
効き目が強く、その分副作用の恐れもあるためです。
更に、薬事法の改訂により、これらに加えて要指導医薬品という項目が新設されました。
これは、スイッチ直後品目とも呼ばれ、こちらも対面販売のみです。
医療用医薬品から一般用医薬品になって間もない薬が、この要指導医薬品に分類されます。
まだ使用例が少ないことから、重篤な副作用などの危険性が充分に確かめられていないためです。
しかしこの要指導医薬品も、原則3年で一般医薬品に移行される予定となっており、そうなればインターネットでの販売も可能になります。
医薬品の通販を開始するにあたって、販売する側にも新しくルールが定められました。
まず、実際の店舗を持つ薬局・薬店でなければインターネットで医薬品を販売することはできません。
また、ネット販売をする店舗の名前を厚生労働省のHPに掲載する必要があります。
さらに、薬剤師を常駐させ、そのシフト表なども表示させなければなりませんし、第1類の医薬品を販売した際には、販売した専門家の氏名や販売時刻などの記録も作成し、保存しておかねばなりません。
国民の健康を守るために、ルールや条件は細かく決められているのです。

Comments are closed.