医薬品をネットで買う際に考えること

医薬品をネットで買うなんて、と考える人は少なくないと思います。
あくまでも医薬品の通販の範囲でならある程度の安全性が確保されていると見ています。
しかしながら、店舗での購入のときには考えもしなかったリスクについて考える必要があるのもまた事実です。
そこで、今回は私が医薬品をネットで買うときに気をつけていることを説明していきたいと思います。
まずは販売しているサイトがどのような存在なのかということです。
通販というのは、国内で販売されている商品をネットなどで買うことであり、海外のネットショップであったり、代理店などから買う場合には個人輸入となります。
また、国内認可されている医薬品をサイト上で購入するのが、ドラッグストアの医薬品通販です。
認可未認可に関わらず海外医薬品を変わりに輸入・購入するのが個人輸入代行業者という存在です。
「医薬品の通販」という言葉が指すのは国内で販売されている医薬品を、主にドラッグストアなどの医薬品通販システムを通じて購入することです。
私は通販で医薬品をよく購入します。
もともと、国内で認可されたものを購入するので通販は安全性が比較的高いのではと考えているからです。
ただし、全ての医薬品をインターネットから購入するわけではありません。
購入段階で考えることは買いたい医薬品がどのようなものかということと、その使用頻度はどの程度なのかということです。
例えば、有名なメーカーのロングセラー商品などはネットで購入します。
なぜならその商品の効能はCMやサイトをみればわかり、ロングセラーということは先人たちが使用してその効果を認めていると考えるからです。
効能はよくわからない、そして一部の人にしか効果が出ないような医薬品はそもそも一般の人が買うルートに出回らないか、消え去るかのどちらかになると思います。
どのような種類かが分かったら次にその使用頻度について考えます。
よく使用する医薬品ならば、通販で定期的に購入する方が忘れる心配もなくストックすることが出来ます。
ネットではイベントセールなどよく行われているので、それに合わせて購入するとなんらかの特典がついてお得感が増します。
風邪薬などいつもではないけど、いざというときに必要になるものは薬局で購入したりや薬剤師の調剤を受けたりします。
このような医薬品は出来るだけリアルタイムの体に合わせたほうがより効果が出るものが多いのであえてネットなどでは購入しません。
さて今回は医薬品の通販について話しました。
まず気をつけることは、販売主体がどのような存在なのかということ。
通販なのか個人輸入なのかをしっかり見極めてください。
次に買いたい医薬品がどのようなものなのかということ。
ロングセラーなのかそれとも最近販売されたものなのか、で通販か実店舗なのか分かれます。
最後にどの程度必要なのかということです。
今いるのか、それとも緊急時に必要なのかしっかり分けて考えてください。
上記の点をおさえれば楽しい医薬品の通販ライフがおくれると思います。

Comments are closed.